カタコトコラム

タップダンス映画の名場面(1)

タップダンサーに多大な影響を与え続けている、映画「タップ」の”チャレンジ*”のシーン。

当時50代から70代のタップマスター達が、続々と華麗なステップを披露する伝説の名場面です。

このページでは、踊っているパート順に記しておきます。

「アーサー・ダンカンさん」

「バニー・ブリッグスさん」

「ジミー・スライドさん」

「スティーブ・コンドースさん」

「ハロルド・ニコラスさん」

「サンドマン・シムズさん」

そして

「サミー・デイヴィスJr.さんと、グレゴリー・ハインズさん」

です。

次の動画はジミーさんのパートです。

全パートは、DVDで観ることができます。

*”チャレンジ”とは、直訳すると「挑戦」となり、いわゆるダンスバトルのような意味合いがあります。

しかし、どこか胸を借りるような年長者への尊敬の念が感じられる、私のとても好きな表現です。

いくつになっても元気に踊りたいものですね。

コメントを残す

*