カタコトコラム

タップボード

タップダンスで良い音、良いダンスを踊るには、安定した木の床が必要になります。

また、人が乗るので、ある程度は重さが必要になりますが、重すぎると持ち運びに苦労します。

そこで、可搬性と音質を両立した、オンリーワンの製品をご紹介いたします。

多くのタップダンサーをはじめ、私も愛用しているタップボードです。

「どこでもタップ君PRO」

プロ御用達の音質重視タイプ

画像をクリックすると、タップダンスのベースメントで、お求めいただけます。

 

天板に18mmのレッドパイン材を採用しているので、音に説得力があり、踏んでいて楽しいです。

たいへん丁寧に作られていて、届いたときは想像以上に美しく、神聖な感じすらしました。

裏面にはアルミフレームが採用されており、持ち運べる重さながら、板のたわみを防いでいます。

また、底面は硬質スポンジが貼られており、膝や腰にかかる負担を軽減すると同時に、

板の下部にスペースが生まれることで、より大きな音を出すことに成功しています。

持ち運ぶときは、半分に折り畳むことができますので、私は車の後部座席などに積んだり、

キャリーカートで運んだりしています。

舞台はもちろん、ミュージシャンとのセッション時の、狭いスペースでも対応できます。

また響きが良いので「いかに自信を持って踏み鳴らせるか」という、練習用にも適しています。

・サイズ

  使用時:1,100mm×895mm×57mm

  折畳時:1,100mm×450mm×76mm

・材質:天板・レッドパイン材18.0mm フレーム・アルミ材A6063

・重量:約12.5kg

 

その他のラインナップに、天板がラワンベニヤになった「スタンダード」と「mini」があります。

「スタンダード」

天板の厚さを9mmと12mmから選べます。

・サイズ

  使用時 1,100mm×895mm×48mm(51mm)

  折畳時 1,100mm×450mm×58mm(64mm)

・材質:天板・ラワンベニア材9.0mm(12.0mm) フレーム・アルミ材A6063

・重量:約7.5kg(11.5kg) ※()内は天板12.0mm

「mini」

長さが20cm短く、天板厚は9mmの、運びやすさを重視したミニタイプです。

・サイズ

  使用時:900mm×895mm×48mm

  折畳時:900mm×450mm×58mm

・材質:天板・ラワンベニア材9.0mm フレーム・アルミ材A6063

・重量:約6.5kg

いずれも木材を使用していますので、多湿にならないよう特に気をつけましょう。

実際の出音は、踏み方にもよりますが、ベニヤよりパインの方が、断然良いです。

そのため、私はどこでもタップ君PROをおススメします。

タップダンスで毎日がもっと楽しくなりますように!

コメント

  1. ピンバック: タップ板の持ち運び

コメントを残す

*