カタコトコラム

手作りタップシューズの作り方

今回は、手作りタップシューズの作り方です。

 

まず、本来のタップシューズの構造を大まかに申し上げますと、

タップスと呼ばれるアルミ合金製の加工金具をビスなどで、

靴底のつま先(足指の下あたり)と、かかと部分に留めてあります。

 

昔は、空き缶やビンのフタ(王冠)なども使われたようです。

しかし、空き缶や王冠を使ったり、ビス留めする方法では、靴底が傷ついてしまいます。

そこで今回は、靴底を傷つけることなく、本来の状態を簡易的に再現する方法をご案内します。

 

これには、以下のアルミ円盤を両面テープで、上履きなどの靴底に貼り付ければOKです。

直径5cmのもの(AZ501)が、バランスよく使いやすいです。

お子様や、かかとには直径3cmのもの(AZ301)でも良いでしょう。

 

用意するアルミ円盤の数は「つま先とカカトに各1枚×両足分」になりますので、

「人数×4枚(=1人につき4枚)」が必要です。

 

タップシューズは持っていないけれど、

「タップダンスを、ちょっと真似してみたい」

「タップシューズで踊る気分を味わってみたい」

などという場合には、手作りしたくなりますよね。

いろいろ試した結果、「軽さ、薄さ、強度、丸み」などから、これらがオススメです。

 

また、文化祭や学校行事などでタップシューズを用意できない場合でも、

運動の強度などを調整すれば、この方法で代用できることがあります。

 

なお、タップシューズを手作りするときに、注意することがあります。

  1. 靴底の汚れを除去してから両面テープで貼り付け、踊る前に体重をかけて、靴底とアルミ円盤との密着度を高めます。
  2. タップスが取れそうになったら、早めに対処します。また、靴底の形状によっては両面テープの粘着が弱くなります。
  3. タップスを取付ける前より、シューズは滑りやすくなりますので、必ず木の板の上で使用し、コンクリートやタイルなど固く平滑な床の上は歩きません。
  4. 簡易的な取付方法ですので、激しい動作は控えます。また一時的な使用のみとし、長時間のご使用には適しません。
  5. アルミ天板に両面テープは付属していません。靴底の素材に合ったテープを別途ご用意ごいただく必要があります。

 

しかし、やはりタップシューズは買うのが一番ですので、ご購入の際には

失敗しないタップシューズの選び方」を参考になさってみてください。

 

コメントを残す

*